外為の経験がない方がマーケットの大切なところを理解するにはまず最初に実戦を積んでいく事が大切である。特に、未然に危機を感づくようにするためには失敗を積み上げることも大切です。負けたといっても、立ち直れなくなるほど重大なミスをしてはいけない。やり直せるぐらいの損を幾度か積み重ねることが、結論として己のレベルを上げてくれます。そう考えるとまず最初はわずかな資金で投資して、これで幾度か取り返しが付く負けを経験することが重要です。例として、100万円だけしか投資資金がない方が、深く考えずに一円も残さないで投入して取引すると、マイナスになった時、立ち上がれなくなってしまう恐れがある。そのため、一例として資金の1割ずつ取引してこれによって売買を積んだ方が、次第にマイナスをカバーする技術なども習得するはずです。最初に少額資金で売買する事の長所は、自分自身の取引経験を増やし、負けを避ける方法を身につけることにあるが、同時に、売り買いの回数を多くして偶然を減らせるという利点もあります。想定として、1回だけの注文で儲けられる確率が50%とします。この場合、同じだけ損失を生む危険性もあります。勝率5割ということは。五分五分の確率で勝利できる事を示しています。しかし、全部の投資資金をつぎ込んで1回だけの仕掛けをするということは勝つか、負けるかのどちらかになってしまいます。これはただのギャンブルと同じです。すなわち、全てを投じて1回のみしかトレードしないとそれだけマイナスになる確率が大きくなってしまいます。そのため、投資資金を1度にすべて賭けるのではなく、何度かに分けて、機会を重ねる事が危険性を減らす事になります。ただ何度かに分けたとしても、全部に儲ける事は大事ではありません。というか、勝つことが出来ないのが実際です。トレードで重要なのはどれほど儲けるかである。勝半5割でも例えば勝率5割以下でも稼ぐ事は出来ます。7割負けても損益が少しであれば、3割の勝利の儲けだけで十分利益を上げられます。そのために重要な事は、損を少なく、利益を大きくを覚えておく事です。損したら間髪を入れず損切りして逆に利益を上げられる時には上手く利益を上げることがFXをはじめたばかりの方がFXでプラスになるための神髄です。