FX投資の雑誌では、「損が生まれた状況ではナンピンすることで、ポジション全体の買い付け価格を小さくする事が出来る」等と助言されているが実際はそれはかなり大きな落とし穴が待ち受けています。ジッテプラス

まずはじめに、ナンピン買いのやり方に関して分かりやすく説明します。マユライズ 口コミ

例として1ドル100円でドルを買ったとします。オールインワンゲル ブログ

ドル買いですから、円安ドル高に進むほど利益を得られますが不幸にして95円まで円高が進んでしまったとします。BMW ミニ クーパーS R56 買取 査定

この場合ポジションを持ち続けたらプラスになるためには、マイナス分、円安に向う必要があります。今日会える

誰もがみんな、赤字は早急に取り戻したい思うでしょう。安い 駐車場

このためはじめに取引したのと同じだけの$(ドル)を1ドル95円で売買します。メディプラスゲル 口コミ

そうすると、全体の価格は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

この結果、2円50銭の幅で円安ドル高が進行すれば、損失を失くすことが出来ます。

こういったことがナンピンのロジックだ。

このとおり、ナンピンの原理を聞くと、「確かに」という風に思うが外国為替市場は易々と問屋を卸してくれない。

95円が下値だということなど、誰一人として想像できません。

もしも、為替が相当の円高ドル安地合だとしたら、95円では下げ止まることなく、更に一段の円高に進む確率は高いです。

一例として、97円50銭でナンピン買いをして1ドル=95円まで円高が進んだら、ナンピン買いを入れたポジションも為替差損が生まれることになってしまいます。

その状態では、最初に保有したポジションと合わさってより大きなマイナスが生じます。

例示したとおり、ナンピン買いは難解です。

ならば、為替相場が自分の脚本とは逆向きに素早く進む場合どんな術で危険性を避ければいいのでしょうか。

こういう場合には選べる方法は2つ。

まずひとつめは執着しないで損失を確定する事です。

もうひとつの手段としては、その時点で、自分が保持している買いポジションを縮小することによって、市場が戻るのを待ち望むことです。

ちょっと主体性のないやり方だと感じる方もいるだろう。

けれども、自分が保持しているポジションに損失が生じた時最も危険の少ない方法はこの他にはありません。

言うまでも無く、ロジックとしては、ナンピンするという対策もありえます。

だがナンピン買いは、自分が損失を出しているのに、買いポジションを減らすどころか、それとは反対に買いポジションを積み重ねていく考え方です。

この手段では、危険を削減することなど、どう考えても無理だと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続けられればその内儲けが出るかもしれません。

けれども、その前にお金が無くなってしまいます。